低資金でも開業することが可能|オーナーになる近道

香港

取得で躓かないためには

香港への就労ビザの申請だけならば簡単ですが、それが受理されて取得できるかは別問題となります。そのため、取得を確実なものとしたいのなら、香港を専門とする業者にビザ申請をすべて任せてしまったほうが安全でしょう。

女性

海外進出と手続き

インドネシアに会社を設立するのであれば、実現までの期間や必要な手続きについて知っておきましょう。会社設立にかかる費用やその後に必要となるライセンスは、代行業者に相談したり独自に調べながら準備しておくことが大切です。

融資と経営計画

男女

運転資金の確保のために

低資金で開業する場合、多くの個人事業主にとって運転資金の確保が最大の課題となる。そこで金融機関から融資を受けることを目指すことになるが、その際に必要となるのが経営計画書である。目標売上額を設定し、それを実現するための具体的な数字による説明が必要となる。基本的には取り扱う商品・サービスを売るために掛かる仕入れ額、消耗品費や水道光熱費などの販管費等を想定しそのために必要な融資額を求めることになる。創業支援のための金融機関として政策金融公庫がある。これは低資金で開業する個人事業主に対して比較的低金利で融資を受けることが出来る機関である。そして、この政策金融公庫からの融資を受けることを条件とする補助金制度も多数ある。一例として国の開業支援策として創業補助金というものがあるが、これは国が新規性があり社会貢献度が高いと見なした開業に対して補助金を出すものである。このような補助金、助成金制度は地方によって独自に設けられているものも多くあり、低資金で開業を目指す事業主にとって活用を検討すべき制度である。また、開業する際には市場の調査は欠かせない。特に建てる店舗の周囲に関しては、どのような潜在的ニーズがあるか、念入りに調べておくべきだろう。また、ライバル店舗の動向も注目すべきである。低資金である以上、展開できる範囲は有限である。許容される資金内で効率よく開業および運営を行うには、計画とともに事前調査が大切なのである。

マッサージ

体を整える国家資格

骨や関節・筋・腱などに不調を感じた時、様々な知識と技術で治療してくれるのが、国家資格である「柔道整復師」です。整骨院や接骨院など、独立開業している多くの人が所属しているのが「柔道整復師会」。日本各地に支部を持ち、柔道整復師の質の向上や育成などを手助けしています。