低資金でも開業することが可能|オーナーになる近道

体を整える国家資格

マッサージ

知識と技術の宝庫

骨や関節などに不調を感じた皆さん、街の「ほねつぎ」や「接骨院」「整骨院」にお世話になった事はありませんか。これらの施設で治療を行っているのが国家資格である「柔道整復師」です。古くは戦国時代の武術が起源と言われる歴史あるもので、私達の健康をサポートしてくれる強い味方なのです。柔道整復師は、骨や関節、靭帯などに骨折や脱臼、打撲などが起こった場合、整復法や固定法・後療法を施して治療を行います。「整体師」と混同されがちですが、柔道整復師は国家資格の為、治療も保険適用されます。一方整体師は民間資格となるので、保険が適用されません。資格取得には専門の養成施設や4年生大学などに進学する事になります。解剖学やリハビリテーション学、柔道整復師理論・実技、臨床系専門の科目まで多岐に渡っての知識の習得が必要となります。資格取得後は病院や整骨院での勤務は勿論、独立開業を目指せます。また近年ではスポーツトレーナーや機能訓練指導員、ケアマネージャーとして活躍している人もたくさんいます。個人で活躍している柔道整復師の多くが「柔道整復師会」に所属しています。柔道整復師会は柔道整復師の育成や質の向上などを目的に結成され、日本各地に支部を有しています。また会をあげて公益活動に参加するなど、柔道整復師がより身近な存在となるような活動も行っています。どこの整骨院に行った良いのかと悩んだ時には、柔道整復師会に所属しているかも目安の一つとなるでしょう。それでも悩んだ時には、あなたの街の柔道整復師会に直接問い合わせて見て下さい。